本ページでは、e-Stat 漁業センサスを利用して長野県の漁協運営状況が全国的にどのような傾向があるのかを参照できるように参考情報を掲載させていただきました。加工データなどもダウンロードできるようにしておりますので、運営方法をご検討される際にご利用ください。

e-Stat 漁業センサス

データを探した結果、5年単位で内水面の漁場情報の統計がオープン化されていることを確認しました。
本データを利用すると全国的な遊漁券の販売情報・放流量情報・組合員数の変化動向などを調査することが出来ます。

[e-Stat漁業センサス= ]
 https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00500210&tstat=000001033844
 → 2018年漁業センサス 2018年漁業センサス第7巻内水面漁業に関する統計
 → 2013年漁業センサス 2013年漁業センサス第7巻内水面漁業に関する統計
 → 2008年漁業センサス 2008年漁業センサス第7巻内水面漁業に関する統計
 → 2003年漁業センサス 第11次漁業センサス第7巻

本調査は、5年ごとに実施しており、全ての漁業経営体等を対象に調査しています。
本調査結果は、漁業経営体数、漁業就業者数、魚市場数、冷凍・冷蔵、水産加工場数等を全国、都道府県、市区町村別等に提供しており、国や地方公共団体の水産業施策や地域活性化の推進に活用されています。

上記データを利用した簡易分析データ(2018年度版)
パレート図、累積棒グラフ ※グラフはクリックで拡大可能

漁協数

長野県は漁協数は全国的に5位(同一順位除外)の位置にいます。全国的には滋賀県が53漁協と最も多く、隣接する都道府県では岐阜県が34漁協と長野県に近い状況と考えられます。統合が進み漁協数は少なくなっている傾向があるかとは思われますが、まだまだ長野県内は漁協数の多さが複雑な管理を生じさせている状況と思われます。

組合員数

長野県の組合員数は26,113人と3位となっております。上位1,2位の栃木県や岐阜県は組合員数が大きい数値を示し、長野を含めた3件のみで内水面全国組合員の40%を占めております。比較的に長野県は全国的に組合員数が多い状況ですが、組合員からの収益基盤は栃木県の1/2程度と予想されます。

組合人数
(正組合員・準組合員 内訳)

正組合員数と準組合員数の内訳です。長野県内の正組合員は割合として非常に高い傾向にあり、地元の釣り人が正組合員として著しく参加している傾向です。また、栃木県や茨城県、三重県では準組合員数の割合が大きく、要因を調べれば、長野県内の準組合員数を増加させることが出来るのかもしれません。

遊漁券購入数

遊漁券の購入数は、なんと長野県は県内で2位と遊漁券を購入される方が多い傾向にあります。また、トップ10県でおよそ80%の遊漁券購入がみれますので、他県の釣り人は遊漁券購入があまり積極的ではないのかもしれません。県内で、遊漁券購入に困っている方に購入先を正確にお伝えしたり、デジタル化することで、収益向上が見込めるかもしれません。

遊漁券種別

1位の山梨県と比べると2位の長野県は日釣り券の売り上げが少ないようです。都内と近い関係もあるかもしれませんが、、、。群馬県、栃木県と比べると総合として年券購入割合が低い状況です。年券購入者の割合が高知県のように高い状況を作りだし、日釣り券の購入者が年券購入を検討するようになれば、収益が上がる可能性があります。

組合員数を増やすためにどうすればよいのか。(全国的な組合員数と遊漁券の相関関係)

上記の各データを相関図で表示させた場合、以下のような傾向が出ることがわかっております。

・「正組合員数」が増加すると、組合員数の合計人数が増加する。
・「遊漁券(日釣り券)」の販売枚数を増加させると、遊漁券の各販売枚数合計が比例して増加する傾向にある。
・「遊漁券の(年券)」、販売枚数が増加した場合、組合員数、特に正組合員数やが増加する傾向にある。

相関係数の説明とEXCEL操作についての参考情報

Excel(エクセル)の関数による相関係数の求め方とグラフの作り方
 https://office-hack.com/excel/correlation-coefficient/

1に近いほど正の相関がある、-1に近いほど負の相関がある、0に近いほど相関がないことを意味します。
-----------------------------------------------
相関係数(r)    相関の強さ
-------------------- -------------------------
− 0.2 ≤ r ≤ 0.2  ほとんど相関がない
 0.2 ≤ r ≤ 0.4   弱い正の相関
 0.4 ≤ r ≤ 0.7 正の相関
 0.7 ≤ r ≤ 1.0 強い正の相関
-----------------------------------------------


データを分析しやすいように加工したファイルを置いておきますのでご利用ください。