下伊那漁協
サイトメニュー

旧サイトのリンクです。

電子遊漁券販売

FISH PASSより 
遊漁券購入が可能です。
JTB経由での遊漁券販売’(日釣り券)をしております。

鮎河川動画

天気、ライブカメラ

その他

リンク情報

渓流情報

■渓流概要

当漁協の渓流は、天竜川の東は3000メートルを越える南アルプス、伊那山脈などを、西は中央アルプスなどを源流とした100を越える河川に恵まれており、管内のいくつかの河川では 山岳渓流の趣を持つ最源流部で今は貴重となった、原種のヤマト岩魚に運がよければ出会うこともが出来るでしょう。自然産卵を繰り返している在来のアマゴも豊富ですし、素晴らしい渓相と共に十分釣りを楽しんでいただけると思います。当漁協は以前から、組合員の皆様はもとより、県内外からの遊漁者の皆さんに、見て美しい、釣って繊細豪快、食べて美味しいと、三拍子揃った天然物か、準天然物を釣っていただくことを目標とし稚魚放流を行っていましたが、昨年10月には初めて親魚放流もはじめました。ぜひ素晴らしい渓相を楽しむと共に美しく引きの強い渓流魚を存分にご堪能ください。

注意事項

  • 入漁券は必ず携帯し、外から確認できるところに着けておいてください。
  • アマゴ、岩魚、虹鱒に関しては15センチ以下は放流。(ほかの魚種については県の条例参照
  • 解禁当初は各河川とも積雪が予想されます。冬用タイヤの準備が必要です。
  • 大小河川とも渡渉しなくてはならないポイントが多く、ウェーダーはご用意ください。
  • 過去、増水による河川事故も起きています。天候には十分注意して入渓してください。
  • 過去、落石、土砂崩落による事故も起きています。特に上流部では警戒が必要です。

鮎情報

■鮎概要

諏訪湖を源とし遠州灘で太平洋に注ぐ流程200kmを越す日本でも有数の大河川の中流域約50kmが下伊那漁業協同組合の管轄流域です。昔から”暴れ天竜”と異名をとるほどの河川で、源流から河口までの標高差も700メートル以上の急峻な流れを有していますが、泰阜ダム建設以前は太平洋から天然の鮎が下伊那漁協管内はもとより、上伊那を越え、諏訪湖まで遡上したという記録も残っています。その後も数多くのダムが建設され、現在はすべて放流に頼ざるをえない状況です。以前から、天竜川は”激流で大鮎の強い引きを楽しめる”ということで、数多くの友釣りファンに親しまれてきましたが、種苗の変化ともに相まって、あまり好釣果が期待できない状況が続いていましたが、6年前より、本流の一部で鮎のルアー釣りが解禁となりました。マナーを守り十分楽しんでください。

■注意事項

  • 入漁券は必ず携帯し、外から確認できるところに着けておいてください。
  • 天竜川本流は水量も多いため、ウェットタイツ着用が理想です。
  • 過去、天竜川本流での事故が多数起きています。十分注意して釣りを楽しんでしてください。
  • 最近釣り人のゴミ投棄が問題視されています。自分のゴミは持ち帰るよう心掛けてください。
友釣り専用区万年橋下流下端~旧宮ケ瀬橋下流下端~8月31日
アユ友釣解禁天竜川本支流6月4日(土)AM0:00
アユルアー釣り天竜川本流万年橋下流下端より下流
(但し、支流はすべてルアー禁止)
6月4日(土)AM0:00
アユ網漁解禁天竜川本流友釣り専用区を除く全川(旧道)
阿智川  :万才橋より下流
飯田松川 :上溝橋より下流
売木川  :村沢製材所より下流丸畑橋まで
和合川  :上和合橋より豊発電所放水口まで
日吉川  :豊橋より帯川橋まで
和知野川 :和知野発電所吐出より下流
遠山川  :JR線橋梁より下流
早木戸川 :丸野橋より下流
天竜川友釣り専用区
天竜川本流/阿智川
8月1日(木)AM0:00

その他、左の河川
9月1日(火)AM0:00
アユころがし漁
餌漁解禁
天竜川本支流全域9月1日(火)AM0:00